日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

瑞聖寺

e0121753_23495489.jpg


向こう側には宇宙がある、そんな気がした初夏でした。



【紫雲山 瑞聖寺 (ずいしょうじ)】

 東京は白金台にある黄檗宗のお寺です。
 黄檗宗の開祖隠元の弟子、木庵が開きました。
 創立 1670 年とされています。

 黄檗(おうばく)宗は江戸時代初期に中国から来た隠元が開いた宗派です。
 隠元はインゲン豆やスイカ、レンコンなどを日本に伝えた人物としても有名です。


 隠元が来日時に多くの工匠や彫刻家をお供に連れてきたせいか、
 黄檗宗の寺院は意匠に独特の趣きがあります。
 中国(明)の建築様式はこんな雰囲気だったのかと、想像が膨らみます。

 セレブの街として知られる白金台の坂道を脇に入ると、
 驚くほど静寂に包まれた空間があります。
 すぐそこにある目黒通りの喧騒が嘘のよう。

 高層マンションに囲まれて、
 瑞聖寺は創建時の趣きを静かに守っていました。


東京都港区白金台3-2-19
都営三田線または南北線 白金台駅から徒歩 2 分





山門です。
このサイズなので、こじんまりとしたお堂かなぁと予想してたら・・・
e0121753_23272043.jpg

石段の上に待ち構えていたものは・・・
e0121753_23293326.jpg

威厳あるお堂、大雄宝殿でした。
黄檗宗では本堂にあたるものを大雄宝殿と呼ぶそうです。
e0121753_23451934.jpg

黄檗宗ならではの丸窓。
e0121753_23304058.jpg

大雄宝殿の裏手。
幾何学模様がさりげなく配置されています。
e0121753_2334832.jpg

静かな緑。
夏だったので虫除けスプレーが傍らに置いていました。心配りですね。
e0121753_23363631.jpg

石畳に中国的な・・・と感じるのは私だけでしょうか。
e0121753_23401344.jpg

大雄宝殿に吊るされてい魚型の開梆(かいぱん)。
棒で叩いて行事や儀式の時を知らせるのに用いるそうです。
e0121753_23432225.jpg

[PR]
by hk_temple1978 | 2009-07-06 00:26 | 東京