日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

聖福寺

e0121753_23344250.jpg


解夏の意味を教えてくれたお寺へ、結夏の頃に訪れました。


【万寿山 聖福寺 (しょうふくじ)】

 聖福寺は黄檗宗のお寺。
 1677年、開祖である隠元の弟子、鉄心道胖により開山されたお寺です。

 1867年に坂本龍馬が率いた蒸気船・いろは丸と、
 紀州藩の軍艦・明光丸が衝突した際に談判を実施したお寺として有名です。
 龍馬が万国公法を用いて、紀州藩に過失を認めさせ賠償金を勝ち取った事件です。

 また、長崎出身のさだまさしさんが描いた小説「解夏(げげ)」のロケ地でもあります。
 主演の大沢たかおが、幼い日の記憶を回想した場所です。
 私は2010年の夏に参拝しました。
 仏教用語でいう、結夏(けつげ)の頃。夏の始まりです。 

 35度を余裕で超える気温の中、汗をタオルで拭いながら山門をくぐりました。
 建物の陰に腰を下ろして一息つくと、なんとも涼しい。
 都会と違って、日陰は涼しいんですよね。
 これから夏は、夏の終わりである夏解(げげ)へ向かってゆくんだなぁと感傷に浸りました。


 それほど参拝客もなく、ゆっくり伽藍を堪能できました。
 大河ドラマ「龍馬伝」の影響もあり、龍馬フィーバーの感があった長崎ですが、
 聖福寺は静かでした。
 眼下に広がる長崎の街並みを眺めながら、当時の談判なぞを想像したわけです。




長崎県長崎市玉園 3-77
長崎電気軌道 桜町電停より徒歩 5 分



まず山門をくぐります。
開祖・隠元さんが81歳の時に書いたと伝えられる「聖福禅寺」の文字が掲げられています。
e0121753_23294498.jpg



すると聖福寺天王殿と呼ばれる門が見えます。
左右に通路があります。
e0121753_23301849.jpg



私は右側の通路を選びました。
日陰と石段に纏われ、ひんやり。
向こうの日なたは暑そうだー。
e0121753_23303427.jpg



こちらが本殿に相当する(であろう)大雄宝殿。
素朴な印象を受けました。
蝉の声しか聞こえない。
e0121753_23341314.jpg



大雄宝殿からの眺め。
聖福寺天王殿の向こうに、うっすらと長崎の街並みが見える。
e0121753_2334274.jpg



境内は南国チックな植物に覆われてました。
e0121753_23345527.jpg



寺院越しに見える長崎。
緑に包まれた境内。
暑さを忘れるほどに、その景観が清涼感を与えてくれました。
e0121753_2335793.jpg

[PR]
by hk_temple1978 | 2010-11-01 00:11 | 長崎