日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

桃林寺

e0121753_21271546.jpg


石垣に囲まれた、石垣島の禅寺です。


【南海山 桃林寺 (とうりんじ)】

 桃林寺は臨済宗のお寺。
 日本最南端の仏教寺院です。

 沖縄に侵攻してきた薩摩藩が、琉球国王に寺院建築を進言したのが創建のきっかけです。
 1611年に、鑑翁西堂によって開山されました。
 それまでは、八重山に寺社は無かったそうです。
 
 薩摩藩から見て、石垣島は1000キロ以上離れた島。
 さすがに石垣島までは薩摩藩も派兵しなかったそうです。
 最果ての島に寺院建築を迫ったのは、侵略の執念が顕在化したものかも知れません。

 
 桃林寺へは、初めての沖縄離島の旅で参拝しました。
 石垣島に寺院があると聞き、早速伺ったところ、石垣に囲まれた姿にまず驚きました。
 境内に入ると、禅寺らしく落ち着いた雰囲気。 

 5月の連休に参じたせいもあり、湿度がとにかく高い。
 ここまで湿度がある中での、禅寺詣では初めてでした。
 桃林寺ならではの経験です。

 写真は本堂の琉球瓦。
 石垣島の青空に、赤い瓦が良く似合います。




沖縄県石垣市石垣285
石垣市役所から徒歩15分





 山門です。
 瓦屋根が独特。
 
e0121753_212825.jpg


 山門の額には桃林寺の字が。
 奥に本堂が見えます。
 
e0121753_2129798.jpg


 大衆禅堂の札が。
 初詣の時期には、たいそうな賑わいを見せるそうです。
 島民に親しまれているんでしょうね。
 
e0121753_21295868.jpg


 本堂です。  
 
e0121753_21303860.jpg


 本堂の琉球瓦に、鬼瓦を見つけました。
 鬼っていうよりは、シーサー? 
 
e0121753_2131853.jpg


 年季の感じられる鐘堂がありました。
 
e0121753_21314389.jpg


 本堂の隣には・・・
 
e0121753_21324610.jpg


 権現堂が配置されています。
 奥に見える赤い建物がそうです。
 
e0121753_21332335.jpg


 赤を基調とした権現堂は国の重要文化財。
 
e0121753_21472133.jpg


 権現堂に続く門が、山門とは別に配置されていました。
 石垣に囲まれているのがよくわかる一枚です。
 
e0121753_21333862.jpg

[PR]
by hk_temple1978 | 2011-06-23 22:17 | 沖縄