日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

陽徳院

e0121753_2315210.jpg


瑞巌寺に向かって右隣り。
苔生す屋根で和みましょ。


【陽徳院 (ようとくいん)】

 仙台藩主 伊達政宗の正室、愛姫護る菩提寺です。
 1650 年に二代忠宗が建てています。
 現在は臨済宗の専門道場です。

 写真の山門は江戸時代に建てられ、
 主柱はケヤキ、そのほかは杉材を用いられた薬医門。
 (薬医門という言葉を知らなかったので、下にメモしておきます)

 瑞巌寺に集まる観光客の賑わいから離れ、
 どこかのんびりとした趣きがあります。

 ふと寄り道。出会えたのがこの門でした。
 

  ・薬医門 [やくいもん]
    本柱の後方に控え柱を立て、
    その上に女梁(めうつばり)・男梁(おうつばり)をかけ、
    切妻屋根をのせた門。

  ・梁 [うつばり]
    棟(むね)の重みを支えるために、
    棟と直角に柱と柱の間に渡した横木。

  ・切妻屋根 [きりづまやね]
    棟の両側に流れる二つの斜面からできている山形の屋根。



宮城県宮城郡松島町松島93
JR松島海岸駅から徒歩 5分




こちらは瑞巌寺参道です。
ここを真っ直ぐ進み、右手に曲がると陽徳院です。
e0121753_11515086.jpg

苔生した茅葺き屋根がイイ感じなんですが、
先日行った際は茅葺きが新しくなっていました。
e0121753_1153870.jpg

[PR]
by hk_temple1978 | 2007-11-13 23:04 | 宮城