日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

正法寺

e0121753_193487.jpg


丸みを帯びた大きさが、私を包んでくれました。



【大梅拈華山 正法寺 (しょうぼうじ)】

 正法寺は1348年、東北で初めて曹洞宗寺院として開山されました。
 永平寺 総持寺 に続く、曹洞宗第三の大本山とされています。
 何度も火災の難を受けましたが、伊達家の庇護により存続しました。
 そのため、伽藍の随所に伊達家の家紋が施されています。

 山門をくぐり、視界に入るのは本堂(法堂)のとてつもなく大きい茅葺き屋根。
 日本一の大きさを誇るそうです。 
 この本堂の畳数は166畳。
 遮るものが無い空間に映える茅葺き屋根は、異次元のようでした。

 私が 「瓦屋根」 の寺院に感じるのは、
 重々しさや威厳、格調といった趣きです。
 そこで感じた趣きは建物の大きさに比例するようにも思えました。

 正法寺と相対した時は柔らかさを感じました。
 丸い、あったかそうな柔らかさです。
 日本人のふるさとを感じさせるからかも知れませんね。
 

 ちなみに別記事で既にご紹介していますが、
 天徳寺 高蔵寺 の茅葺き屋根もストライクな素敵さです。


岩手県奥州市水沢区黒石町字正法寺129
JR東北本線 水沢駅から 車で 15 分
JR東北新幹線 水沢江刺駅から 車で 10 分




正面からの一枚。奥に見えるのが本堂です。
e0121753_1383716.jpg

では苔生した山門からレッツゴー。
e0121753_163331.jpg

うーん、大きい。
e0121753_1263935.jpg

[PR]
by hk_temple1978 | 2009-01-21 01:51 | 岩手