日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

カテゴリ:京都( 16 )

詩仙堂

e0121753_21255065.jpg


過ぎようとしている夏が、止まって見えました。



【六六山 詩仙堂 (しせんどう)】

 寺号は丈山寺といいます。
 文人・石川丈山(1583~1672)の庵です。
 丈山は家康に仕える三河(愛知)出身の武士でした。
 しかし大坂夏の陣で、抜け駆けの軍律違反に問われ京都に隠遁。
 1641 年にこの詩仙堂を建て、
 以降文人として悠々自適、詩歌三昧の生活を送ったと言われています。

 南向きに開ける庭園を、畳の奥から眺めてみます。
 すると、柱や上段の障子とのコントラストによりいっそう深みが増して見えます。
 私の好きな構図です。
 座ってるだけで、アタマの中を真っ白にできます。

 庭園には鹿おどしがあり、これは丈山が考案したものだそうです。
 鹿おどしの正式名は僧都または添水(そうずと呼びます)。
 水の重さでカコーンと竹が石を打つ、アレのことです。

 私は拝観開始の 9:00 を待って入りました。
 他には数人の参拝客だったため、ゆっくり庭園を眺めれました。
 秋は混雑するんだろうなぁ・・・ 

 外人のお客さんに、住職が英語で説明してたのが印象的でしたね。

 ちなみに最寄のバス停は 『一乗寺下り松町』 。
 武蔵が吉岡一門と戦った伝説の場所です。

京都市左京区一乗寺門口町27
市バス一乗寺下り松町から 徒歩10分


角度を変えてもう3枚。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-08-16 05:17 | 京都

金閣寺

e0121753_22343551.jpg


ザ・日本。
ジャパンはこちらです。



【北山 鹿苑寺 (ろくおんじ)】
 
 歴史は 1224 年から。
 藤原(西園寺)公経が建立した「西園寺」と山荘「北山第」がルーツです。

 寺院は西園寺家の衰退と共に隆盛を失いました。
 その後、1397 年に足利 3 代将軍義満がこの地を譲り受け、造営。
 "金閣寺" という呼び名はここらへんから始まったそうです。

 応仁の乱による焼失、昭和の放火事件を乗り越え、現在の輝きに至ります。

 いつでも沢山人がいます。
 外国人も日本人も関係ありません。
 ここは世界の縮図?

 もしかしたら日本一グローバルなスポットなのかも知れません。


京都府京都市北区金閣寺町1
京都駅から市バス101または205系統にて金閣寺道下車 徒歩3分


その他の金ピカはこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-06-16 23:13 | 京都

建仁寺

e0121753_11341329.jpg


苔の緑に禅を感じました。
禅って感じるものなのかなぁ。



【東山 建仁寺 (けんにんじ)】

 建仁寺は建仁2年(1202年)に将軍源頼家が寺域を寄進し、
 栄西禅師を開山として建立されました。
 京都で最初の禅寺とされています。

 室町時代には京都五山の第三位にも制定されています。
 五山制度とは、時の権力者がお寺に格を与えたものです。
 このことから建仁寺は為政者との結びつきが強かったことがうかがえます。

 また、近辺に在る高台寺や八坂の塔は建仁寺の末寺だそうです。 
 当時の隆盛は相当なものだったんでしょうね。

 写真は方丈。
 中心の庭を回遊するように建てられています。
 様々な角度から庭を眺めていたら、流れる時間を忘れてしまいました。

  ・京都五山 [きょうとござん]
    京都にある臨済宗の五大寺の称。
    時代により順位は変動するも1410年、以下に落ち着いている。
    南禅寺が五山の上に位置する『五山之上』。
    その下に天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺の序列が定められた。
    足利氏にて選定。


京都府京都市東山区小松町584
京阪電車 四条駅より 徒歩 7分


建仁寺を散策したい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-06-01 11:42 | 京都

大徳寺

e0121753_1218242.jpg


世界平和、とまではゆきませんが、
幸せを祈りました。 身の回りの人達の。



【龍寶山 大徳寺 (だいとくじ)】

 臨済宗のお寺です。
 京都は洛北にあります。
 鎌倉時代、1315 年の建立が始まりとされています。

 歴史の要人と深い縁があったお寺です、
 応仁の乱で焼失されたのですが、
 一休宗純(一休さん)が大坂は堺の豪商から支援を受け、再興させました。
 豊臣秀吉が、織田信長の葬儀を行った寺としても知られています。
 千利休、小堀遠州らの著名な茶人とも繋がりありました。
 
 茶人との交流の影響もあってか、
 大徳寺を囲む塔頭には、侘びに富んだ庭園を持つものが多いです。
 高桐院 もそのひとつです。
 (塔頭:たっちゅう。主となるお寺の敷地内に建てられた小院) 


 私は平日午前に参じました。
 人もまばらで静か。
 広い敷地内には24の塔頭が並びます。
 公開して塔頭もあるので、散策がてら楽しめます。


京都府京都市北区紫野大徳寺町53
市バス大徳寺前下車 歩いてすぐ

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-04-05 14:43 | 京都

宝泉院

e0121753_2333468.jpg


額に飾られた庭です。
アートな気分になっちゃいます。



【宝泉院 (ほうせんいん)】

 天台宗のお寺です。
 京都の大原にあります。
 隣接する勝林寺の僧坊として建てられました。
 平安末期からの歴史をもっています。
 (僧坊:僧の住む建物)

 院の奥へ進むと、盤桓園(ばんかんえん)という庭を鑑賞できる部屋に辿り着きます。
 盤桓とは 『立ち去り難い』 という意味だそうです。
 この部屋でお抹茶を頂きながら庭を眺めます。
 柱と柱の間に庭が見えるさまが、額縁に入った絵の様です。
 それでつけられた別名が 『額縁の庭園』 。
 ストレートなネーミングですねー。

 私が訪ねた時は、
 休日だったこともあって参拝者で大賑わいでした。
 でも、庭を眺めてお抹茶をすすると心が静かに。
 不思議なものです。



京都府京都市左京区大原勝林院町187
JR京都駅から京都バス大原行きで60分 大原バス停下車 その後徒歩10分


朝早くゆかないと・・・
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-03-25 23:08 | 京都

高桐院

e0121753_1545620.jpg


なんでこう、立ち止まりたくなるんだろう。
通り過ぎてしまうのが、惜しい。



【高桐院 (こうとういん)】  

 明けましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願いします。

 さて、高桐院のご紹介です。 
 臨済宗大本山、大徳寺(ここから歩いて5分のお寺)の塔頭のひとつです。
  (塔頭:主となるお寺の敷地内に建てられた小院)
 1602 年に千利休の高弟、細川忠興によって建立されたそうです。
 細川家の菩提寺となっています。

 この方は、後世 『利休七哲』 のひとりとして称えられたそうです。
 茶道に秀でた武将。 戦国時代の文武両道ってトコロでしょうか。

 この寺院の庭園は必見。
 春夏秋冬でその趣きはガラリと変わります。
  (私が赴いたのは冬だけですが。)
 敷き詰められた苔が何とも言えずいい塩梅。
 仙台の円通院に通じる風情です。

 しかしながら、私は写真にある石畳が好きです。
 歩を進めるのが惜しいくらいの 『和』 を感じる事ができます。
 次は紅葉の時期に行きたいなぁー。

 あ、お抹茶も頂けますよ~。
 

京都市北区紫野大徳寺町73-1
JR京都駅より京都市バス 大徳寺前 下車 徒歩約10分


高桐院 Gallery はこちらから。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-01-04 21:12 | 京都