日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

カテゴリ:宮城( 11 )

横山不動尊

e0121753_23124147.jpg


お不動様は人々を護り、人々はお不動様を敬う。
むかしも、これからも。


【白魚山 大徳寺 (だいとくじ)】

 横山不動尊は 1150 年頃に真言宗金剛寺として開山されました。
 その後 1504 年に曹洞宗へ改宗され大徳寺という名前となり今に至ります。
 改宗後は横山不動尊として呼び親しまれてきたそうです。

 旧不動堂は大正時代に焼失してしまいました。
 現在は 1928 年に再建されたものが不動明王を風雨から護っています。

 不動明王は弘法大師の作とされており高さ 5 メートル。
 その胎内には百済国から渡来した黄金の尊像が納められています。

 お不動様のお顔は親しみやすいものでしたが、
 その 5 メートルの体躯に圧倒的な威圧感を覚えました。


 お不動様は陸前の人々を昔から護り続け、
 陸前の人々はお不動様を敬い続け、今に至ったのだと感じました。

 今後も続くであろうその関係が、少し羨ましかったです。


宮城県登米市津山町横山字本町3
JR 気仙沼線 陸前横山駅下車 徒歩 5 分


横山不動尊を拝観してみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-12-15 23:59 | 宮城

瑞巌寺

e0121753_23254187.jpg


政宗が奥州で創り上げた文化。
伊達な空間を味わえます。


【松島青龍山 瑞巌円福禅寺 (ずいがんえんぷくぜんじ :通称 ずいがんじ)】

 828 年に延福寺という名前で開山された宮城県で一番有名な古刹です。
 鎌倉時代に荒廃しますが、1604 年に伊達政宗が五大堂を再建。
 これを皮切りに寺の名前を瑞巌寺と改称し、再興を進めます。

 仙台藩 62 万石の礎として再興された瑞巌寺。
 江戸時代は領内随一の規模と格式を誇ったそうです。

 建物の襖や壁にはきらびやかな絵が施されています。(撮影不可ですが)
 これは当時の一級絵師集団であった狩野派や長谷川派を呼んで描かせたものです。
 政宗は瑞巌寺を伊達文化の中心に据えようとしたのでしょうね。


 私が感じた瑞巌寺の印象は、
 コピーをつけるならば 「奥州に、京都の隠し味。」 です。(笑)

 今まで東北のお寺には、足腰の強さや豪壮さを感じてきました。
 しかし瑞巌寺にはそれに加えて 「高貴さ」 が見え隠れします。
 高貴さは京都のお寺に私が感じた印象でした。

 写真にある本堂の、瓦と木材のコンストラクトなのかなぁ。
 パッと視界に飛び込んでくる印象が”力強さ”だけじゃないんですよ。
 私の知る限り、東北のお寺でこんな印象を受けるのは瑞巌寺だけです。


  また瑞巌寺は四寺廻廊の一寺を担っています。

   四寺廻廊は
   松島の瑞巌寺、山寺の立石寺、平泉の中尊寺と毛越寺が協力して始めました。
   慈覚大師円仁が開山であることが共通項です。
   『この四寺を巡礼して大願成就しましょう』というものだそうです。
   江戸時代に松尾芭蕉も奥の細道で訪れています。


宮城県宮城郡松島町松島字町内 91
JR仙石線 松島海岸駅から 徒歩 10 分


境内を散策したい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-07-26 01:51 | 宮城

松音寺・春


e0121753_22573454.jpg


石畳を桜色に染めたのは、春風でした。



【五峰山 松音寺 (しょうおんじ)】

 曹洞宗のお寺です。
 昨年は出張続きで桜の時期に参じることは叶わず。
 とうとう今年、隠れ花見スポット(?)に来る事ができました。

 門前の桜が満開でした。
 風に舞う桜吹雪がなんとも。
 
 松音寺では桜の時期になると、写真のような花見会を開いているそうです。
 誰でも参加可能、とお寺の掲示板に書いてました。

 この日はそこそこの賑わい。
 ゆっくり桜を眺めるにはこのくらいの人だかりが良いですね。


 遡ること2年前、初夏の頃に記事を残しています。
 新緑の趣きは コチラ からご覧下さい。


宮城県仙台市若林区新寺4-6-28
JR仙石線榴ヶ岡駅から 徒歩15分


参道の全景はこちらから
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-04-17 01:36 | 宮城

高蔵寺

e0121753_1738033.jpg


平安の空気に包まれて、初夏のひとときを。
時間を眺めるのもいいもんです。



【勝楽山 高蔵寺 (こうぞうじ)】

 宮城県最古の木造建築です。
 1177 年に、藤原三代秀衡の妻により建立されました。
 写真の阿弥陀堂は、岩手の中尊寺や福島の白水阿弥陀堂と併せて、
 東北三大阿弥陀堂のひとつとされているそうです。

 ちなみに日本でも阿弥陀堂は 7 箇所しか残っていないそうです。
 へぇーって感じです。
(20090520 加筆:平安時代に建築された阿弥陀堂が7箇所残存)
 間近に見ると古めかしさに威厳が溢れてます。

 樹齢 300 年を超える杉並木を抜けると阿弥陀堂が見えてきます。
 初夏に歩いた参道は、緑の隙間を抜けてくる風がなんとも心地よかったです。
 お堂の中には阿弥陀如来坐像が。

 格子戸の向こうに見えた姿は力強かったです。
 安心感に包まれ、お堂の端で小一時間。
 私も一緒に座しました。


宮城県角田市高倉字寺前49
阿武隈急行 角田駅から 車で15分


参道を歩いてみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-06-26 17:55 | 宮城

仙台東照宮・春

e0121753_2321652.jpg


お花見の後に引いたおみくじは、
ご利益が2割くらい増した気がしました。



【仙台東照宮 (とうしょうぐう)】

 以前紹介した 仙台東照宮 です。
 桜の季節に行ってきました。

 仙台には、西公園や榴ヶ岡公園といった花見ができる公園があります。
 桜の時期は人で溢れています。屋台も沢山出ています。
 花よりビールって感じでしょうか。

 一方、仙台東照宮はゆっくり桜を楽しみたい人におすすめです。
 それほど混雑していません。
 お酒抜きの花見もいいもんだなぁと思いました (笑)


宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
JR仙山線東照宮駅からすぐ

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-04-13 23:48 | 宮城

東昌寺

e0121753_22164769.jpg


アカマツは静かに待っていました。
待ち焦がれるからこそ、暖かな春が訪れます。



【無為山 東昌寺 (とうしょうじ)】

 臨済宗のお寺です。
 仙台北山五山のひとつに数えられています。

 1283年、伊達家4代伊達政依によって建立されました。
 伊達家には初代~3代まで、はっきりした菩提寺がありませんでした。
 この東昌寺が最初の菩提寺となったそうです。

 室町時代、東昌寺は 「安国寺」 という名前を拝命しています。
 この名前は全国で数箇所だけ選ばれた国営の寺を指すそうです。
 当時は 300人の修行僧がいたと伝えられています。

 近くの道路は交通量が多く、歩く人たちは急ぎ足。

 アカマツに囲まれた坂を上ると、東昌寺の門が見えてきます。
 ここまで来ると、車の音はもう聞こえてきません。


宮城県仙台市青葉区青葉町8-1
JR仙山線 北山駅から 徒歩約5分

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-02-02 23:29 | 宮城

陽徳院

e0121753_2315210.jpg


瑞巌寺に向かって右隣り。
苔生す屋根で和みましょ。


【陽徳院 (ようとくいん)】

 仙台藩主 伊達政宗の正室、愛姫護る菩提寺です。
 1650 年に二代忠宗が建てています。
 現在は臨済宗の専門道場です。

 写真の山門は江戸時代に建てられ、
 主柱はケヤキ、そのほかは杉材を用いられた薬医門。
 (薬医門という言葉を知らなかったので、下にメモしておきます)

 瑞巌寺に集まる観光客の賑わいから離れ、
 どこかのんびりとした趣きがあります。

 ふと寄り道。出会えたのがこの門でした。
 

  ・薬医門 [やくいもん]
    本柱の後方に控え柱を立て、
    その上に女梁(めうつばり)・男梁(おうつばり)をかけ、
    切妻屋根をのせた門。

  ・梁 [うつばり]
    棟(むね)の重みを支えるために、
    棟と直角に柱と柱の間に渡した横木。

  ・切妻屋根 [きりづまやね]
    棟の両側に流れる二つの斜面からできている山形の屋根。



宮城県宮城郡松島町松島93
JR松島海岸駅から徒歩 5分


参道を歩いてみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-11-13 23:04 | 宮城

円通院

e0121753_1362222.jpg


ゆっくり歩く時間、忘れてました。

立ち止まって、振り返って、少し考え事をして。
ここは東北の "哲学の道" 。


【円通院 (えんつういん)】

 松島に佇む、臨済宗妙心寺派のお寺です。

 伊達政宗の嫡孫、光宗を祀っています。
 光宗は若くして文武に長けていたそうで、
 政権安定を目指した徳川家に睨まれていたとか。
 そして、光宗は江戸城内で19歳という若さで亡くなります。
 病死とも毒殺とも伝えられています。

 そんな悲しい物語を背負うこのお寺ですが、
 現在は趣き深い庭園で観光客の眼を楽しませています。
 京都は龍安寺を思わせるような枯山水の庭園、茅葺きの本堂。
 お隣の瑞巌寺に隠れがちですが、とっても落ち着く good temple です。


宮城県松島町松島字町内67
JR松島海岸駅から徒歩 15分


こちらから散策を開始しましょう~
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-10-16 01:40 | 宮城

資福寺

e0121753_17504371.jpg


閑静な空間、しっとりした空気
雨季の彩り、まさにシフク。

至福の時間を、資福寺で。





【慈雲山 資福寺 (しふくじ)】

 仙台市北山界隈にある臨済宗のお寺です。
 
 その昔、北山付近にある東昌寺、光明寺、満勝寺、覚範寺、資福寺
 これらの寺院群は 『北山五山』 と呼ばれていました。
 現在は、満勝寺が北山地区から移転されたため、
 北山地区に建つ輪王寺を代わりに含め 『北山五山』 と称することもあるそうです。

 資福寺は 『鎌倉五山』 の一寺・建長寺の末寺として山形県米沢に建てられました。
 その後岩出山へ移り、現在の地に至ります。
 伊達藩の人間教育の場としての役割を担っていました。

 鎌倉五山第一位・建長寺の流れを汲むお寺が、仙台にあったりします。

 ちなみに紫陽花の見ごろは、6月末から7月中旬です。


宮城県仙台市青葉区北山1-13-1
JR仙台駅から仙台市営バスで15分 輪王寺バス停下車


紫陽花の境内をもう一枚どうぞ。
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-07-23 00:00 | 宮城

松音寺・新緑


e0121753_17552084.jpg


涼しい風、苔の緑と石畳。
ひんやりした静けさ。
ただ、それだけです。

でも、なかなか見つけられないんですよ。
それだけ、なのに。




【五峰山 松音寺 (しょうおんじ)】

 仙台駅東口、お寺が集まる新寺地区。
 この閑静な住宅街に松音寺は曹洞宗の門を開いています。
 昌伝庵、泰心院、輪王寺と併せて、仙台城下の曹洞宗四大寺とされています。

 仙台に本拠地を置くプロ野球チームのスタジアムは、歩いてすぐ。
 歓声は境内にまで届きます。
 文字通り、静寂を破るワケです。

 静けさって、音あってこそのもの。
 松音寺はそんな当たり前な事を気づかせてくれます。

 ちなみにココはお花見スポット。
 四月中旬が見ごろです。



宮城県仙台市若林区新寺4-6-28
JR仙石線榴ヶ岡駅から 徒歩15分


門をくぐるとこんな感じです。
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-06-02 18:18 | 宮城