日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

黒石寺


e0121753_10551569.jpg


夏の始まりに伺いました。
『よく来たね』 と迎えてくれました。

夏を、緑に囲まれて感じたいなら是非コチラへ。





【妙見山 黒石寺 (こくせきじ)】

 およそ1250年前に開山された、東北を代表する天台宗の古刹です。
 この一帯には48もの堂塔伽藍があったのですが明治の火災で焼失。
 全盛時を想像出来ないほどに、ひっそりとしています。

 お堂の前には、2匹のカワイイ狛犬がいます。
 鉄製です。珍しい。
 足が太くて顔が丸い。愛嬌満点。
 
 黒石寺の名前は慈覚大師円仁が名づけたそうです。
 その当時、付近の山に黒い石(蛇紋岩)が多かったから、黒石寺。
 時間がゆっくり流れるお寺。
 東北のお寺って急いでません。
 人や周りの風景がそうだからでしょうか。



岩手県水沢市黒石町字山内17
JR水沢江刺駅から 車で20分


本堂はこちらからどうぞ
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-06-30 11:21 | 岩手

山寺

e0121753_18402259.jpg


 やまでら。 

 ・・・ 安易なネーミング?
 いえいえ尊いんですよ。
 山への信仰そのものがこのお寺。

 人を包む山、山を敬う人。
 登ればソレを感じれるかも。





【宝珠山 立石寺 (りっしゃくじ :通称 やまでら)】

 山寺はおよそ1150年前、慈覚大師円仁によって開かれたと伝えられています。
 東北天台宗の代表的なお寺です。 
 その名の通り、山全体をして寺としています。
 山岳信仰を具現化したお寺と言えます。

 大仏殿、奥の院までの道のりは険しい坂道。
 ふと顔を上げると涼しげな緑と荒々しい岩肌が飛び込んできます。
 松尾芭蕉が 『閑さや岩にしみ入る蝉の声』 を詠んだのも納得。

 その果てに辿り着く大仏殿には・・・

 手を合わさずにはいられない悲しい物語がそこにはあります。
 ムカサリ絵馬。
 この言葉から紡ぎ出される物語を確かめて下さい。

 山門前に茶店があります。
 醤油味の玉こんにゃく (100 円) はオイシイですよ!

 2009.06.29 追記

  四寺廻廊の一寺を担っています。

   四寺廻廊は
   松島の瑞巌寺、山寺の立石寺、平泉の中尊寺と毛越寺が協力して始めました。
   慈覚大師円仁が開山であることが共通項です。
   『この四寺を巡礼して大願成就しましょう』というものだそうです。
   江戸時代に松尾芭蕉も奥の細道で訪れています。


山形県山形市山寺4456-1
JR仙山線山寺駅から 徒歩45分


さて山寺を歩きましょう~
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-06-17 18:51 | 山形

松音寺・新緑


e0121753_17552084.jpg


涼しい風、苔の緑と石畳。
ひんやりした静けさ。
ただ、それだけです。

でも、なかなか見つけられないんですよ。
それだけ、なのに。




【五峰山 松音寺 (しょうおんじ)】

 仙台駅東口、お寺が集まる新寺地区。
 この閑静な住宅街に松音寺は曹洞宗の門を開いています。
 昌伝庵、泰心院、輪王寺と併せて、仙台城下の曹洞宗四大寺とされています。

 仙台に本拠地を置くプロ野球チームのスタジアムは、歩いてすぐ。
 歓声は境内にまで届きます。
 文字通り、静寂を破るワケです。

 静けさって、音あってこそのもの。
 松音寺はそんな当たり前な事を気づかせてくれます。

 ちなみにココはお花見スポット。
 四月中旬が見ごろです。



宮城県仙台市若林区新寺4-6-28
JR仙石線榴ヶ岡駅から 徒歩15分


門をくぐるとこんな感じです。
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-06-02 18:18 | 宮城