日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長谷寺

e0121753_7594418.jpg


ほら貝の音が響くとお昼です。
流れる時間の傍らに、長谷寺がありました。



【豊山 長谷寺 (はせでら)】

 全国に 300 ある長谷寺の総本山です。
 西国三十三所巡礼の八番札所として、巡礼者が絶えません。
 686 年からの歴史を持ち、初瀬山(はせやま)の中腹に伽藍が広がります。
 
 季節毎に彩りを変える「花の寺」としても有名です。
 代表的な花としては次の3種類が有名です。

  3月下旬~4月上旬  桜
  4月下旬~5月上旬  牡丹
  6月中旬~7月上旬  紫陽花

 他にも白木蓮や藤など、参拝者の目を楽しませてくれます。
 
 正午と午後八時になると、学僧によってほら貝が吹かれます。
 この寺の学僧は将来の真言宗を担う若きエリート。
 大正大学仏教学科を卒業した方などが修行しています。
 私が参じたのはちょうどお昼でしたので、ほら貝の音が初瀬山に響いていました。

 写真は本堂から見える五重塔。
 本堂からは広大な伽藍が一望できます。
 さながら要塞のようでした。
 山岳信仰の色も含んでいるのでしょうか。

 山形の山寺とは少し違って、柔らかい印象が残りました。
 厳しい雪が降らないからかも知れませんね。


奈良県桜井市初瀬731-1
近鉄 長谷寺駅から 徒歩 20分


参道を歩いてみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-07-26 01:17 | 奈良

正乗寺

e0121753_14207.jpg


緑が床に広がりました。



【金峰山 正乗寺 (しょうじょうじ)】

 平安時代の 866 年から歴史が始まりました。
 その後 1425 年に由利十二頭の子吉氏の菩提寺となるも衰退。
 1625 年、六郷氏が再び開山し現在に至ります。

 写真の本堂は 1800 年に再建造されたものです。
 秋田の田園地帯に、意外な歴史的建築があってびっくりしました。
 堂内から見える山水の庭園に心静まります。

 本堂の廊下天井には昇降龍図が描かれています。
 本荘藩お抱えの絵師、松田松洞による 1851 年の作だそうです。
 
 この下で手を叩くと、天井と床が共鳴するため、龍が鳴く様な音が響くそうです。
 叩いてみたら 『ビィーン』 と響きました。
 これが龍の声というワケです。

 お堂に入らせてもらった時、床に映る緑が私の心を静めました。
 この小さな発見は、ずっと心に残るだろうなぁと思いました。


秋田県由利本荘市藤崎字藤代131
由利高原鉄道 薬師堂駅から 徒歩10分


龍や山門はこちらからどうぞ。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-07-07 01:37 | 秋田