日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

正法寺

e0121753_193487.jpg


丸みを帯びた大きさが、私を包んでくれました。



【大梅拈華山 正法寺 (しょうぼうじ)】

 正法寺は1348年、東北で初めて曹洞宗寺院として開山されました。
 永平寺 総持寺 に続く、曹洞宗第三の大本山とされています。
 何度も火災の難を受けましたが、伊達家の庇護により存続しました。
 そのため、伽藍の随所に伊達家の家紋が施されています。

 山門をくぐり、視界に入るのは本堂(法堂)のとてつもなく大きい茅葺き屋根。
 日本一の大きさを誇るそうです。 
 この本堂の畳数は166畳。
 遮るものが無い空間に映える茅葺き屋根は、異次元のようでした。

 私が 「瓦屋根」 の寺院に感じるのは、
 重々しさや威厳、格調といった趣きです。
 そこで感じた趣きは建物の大きさに比例するようにも思えました。

 正法寺と相対した時は柔らかさを感じました。
 丸い、あったかそうな柔らかさです。
 日本人のふるさとを感じさせるからかも知れませんね。
 

 ちなみに別記事で既にご紹介していますが、
 天徳寺 高蔵寺 の茅葺き屋根もストライクな素敵さです。


岩手県奥州市水沢区黒石町字正法寺129
JR東北本線 水沢駅から 車で 15 分
JR東北新幹線 水沢江刺駅から 車で 10 分


伽藍を散策してみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-01-21 01:51 | 岩手

永泉寺

e0121753_22244912.jpg


強い眼差しから、
明日へ向かう意志を感じました。



【龍洞山 永泉寺 (ようせんじ)】

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 永泉寺は本荘藩六郷家の菩提寺です。
 1823年に建立されています。
 当時は本荘藩における曹洞宗の中心的な役割を持っていました。
 
 山門は1865年に建てられました。
 幾度かの火災を免れ、秋田県内でも有数の重厚さを誇ります。
 地元工人による彫刻や、本荘藩お抱えの絵師が作成した絵画で飾られており、
 当時はその華やかさから「飽かずの門」とも呼ばれたそうです。


 当日は曇り空の中、永泉寺へ向けて車を走らせていました。
 郵便局の隣に山門が見えた時は、何とも感動しました。
 その重厚さと、秋田にもまだまだ趣き深い寺社建築があるという事実に。
 
 辿り着いた頃には空からは雨が落ちてきていましたが、、
 私には山門の周りがぱーっと晴れているように見えました。
 門からパワーが満ち溢れています。

 寺を守る金剛力士像も然り。
 東大寺のそれとは背丈は比較になりませんが、眼は非常に力を感じました。

 その時の自分の心境で、眼差しの感じ方は変わるような気がします。
 今回の私には「しっかりせいよ」と背中を押す眼差しに見えました。


秋田県由利本荘市給人町44
JR羽越本線 羽後本荘駅から 徒歩 20 分


山門はこちらから
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-01-12 23:16 | 秋田