日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

中尊寺

e0121753_20444593.jpg

奥州平泉、夢のあと。

眩い光を放ち続け、まもなく千年。
これからの千年も、金色堂は光り続けます。




【関山 中尊寺 (ちゅうそんじ)】

 およそ1150年前に慈覚大師円仁によって開山されました。
 円仁は天台宗(最澄が開祖)を代表する僧侶です。
 この方が開かれたお寺は東北で300以上もあると言われ、
 その中には先にご紹介した山寺や、宮城の瑞巌寺も含まれます。

 このお寺を隆盛させたのは奥州藤原氏。平安時代です。
 多くの堂塔伽藍が建立されました。
 かの名高い金色堂も同時期に建てられています。
 現在金色堂は、画像奥に見える ”新”覆堂 の中で風雨から守られています。


 鎌倉時代、藤原氏の滅亡と共にその隆盛も終わりを告げました。
 しかし金色堂は外面を覆うお堂 『覆堂』 により、輝きを守り続けられたのです。

 そして江戸時代。
 かの俳聖が金色堂に出会います。

    五月雨の 降残してや 光堂

 500年以上の時を超え、芭蕉は光の前で詠んだワケです。

 2009.06.29 追記

  四寺廻廊の一寺を担っています。

   四寺廻廊は
   松島の瑞巌寺、山寺の立石寺、平泉の中尊寺と毛越寺が協力して始めました。
   慈覚大師円仁が開山であることが共通項です。
   『この四寺を巡礼して大願成就しましょう』というものだそうです。
   江戸時代に松尾芭蕉も奥の細道で訪れています。

岩手県西磐井郡平泉町衣関202
JR東北本線 平泉駅から 徒歩15分


もう少し散策したい方はこちら
[PR]
# by hk_temple1978 | 2007-07-11 21:00 | 岩手

黒石寺


e0121753_10551569.jpg


夏の始まりに伺いました。
『よく来たね』 と迎えてくれました。

夏を、緑に囲まれて感じたいなら是非コチラへ。





【妙見山 黒石寺 (こくせきじ)】

 およそ1250年前に開山された、東北を代表する天台宗の古刹です。
 この一帯には48もの堂塔伽藍があったのですが明治の火災で焼失。
 全盛時を想像出来ないほどに、ひっそりとしています。

 お堂の前には、2匹のカワイイ狛犬がいます。
 鉄製です。珍しい。
 足が太くて顔が丸い。愛嬌満点。
 
 黒石寺の名前は慈覚大師円仁が名づけたそうです。
 その当時、付近の山に黒い石(蛇紋岩)が多かったから、黒石寺。
 時間がゆっくり流れるお寺。
 東北のお寺って急いでません。
 人や周りの風景がそうだからでしょうか。



岩手県水沢市黒石町字山内17
JR水沢江刺駅から 車で20分


本堂はこちらからどうぞ
[PR]
# by hk_temple1978 | 2007-06-30 11:21 | 岩手

山寺

e0121753_18402259.jpg


 やまでら。 

 ・・・ 安易なネーミング?
 いえいえ尊いんですよ。
 山への信仰そのものがこのお寺。

 人を包む山、山を敬う人。
 登ればソレを感じれるかも。





【宝珠山 立石寺 (りっしゃくじ :通称 やまでら)】

 山寺はおよそ1150年前、慈覚大師円仁によって開かれたと伝えられています。
 東北天台宗の代表的なお寺です。 
 その名の通り、山全体をして寺としています。
 山岳信仰を具現化したお寺と言えます。

 大仏殿、奥の院までの道のりは険しい坂道。
 ふと顔を上げると涼しげな緑と荒々しい岩肌が飛び込んできます。
 松尾芭蕉が 『閑さや岩にしみ入る蝉の声』 を詠んだのも納得。

 その果てに辿り着く大仏殿には・・・

 手を合わさずにはいられない悲しい物語がそこにはあります。
 ムカサリ絵馬。
 この言葉から紡ぎ出される物語を確かめて下さい。

 山門前に茶店があります。
 醤油味の玉こんにゃく (100 円) はオイシイですよ!

 2009.06.29 追記

  四寺廻廊の一寺を担っています。

   四寺廻廊は
   松島の瑞巌寺、山寺の立石寺、平泉の中尊寺と毛越寺が協力して始めました。
   慈覚大師円仁が開山であることが共通項です。
   『この四寺を巡礼して大願成就しましょう』というものだそうです。
   江戸時代に松尾芭蕉も奥の細道で訪れています。


山形県山形市山寺4456-1
JR仙山線山寺駅から 徒歩45分


さて山寺を歩きましょう~
[PR]
# by hk_temple1978 | 2007-06-17 18:51 | 山形

松音寺・新緑


e0121753_17552084.jpg


涼しい風、苔の緑と石畳。
ひんやりした静けさ。
ただ、それだけです。

でも、なかなか見つけられないんですよ。
それだけ、なのに。




【五峰山 松音寺 (しょうおんじ)】

 仙台駅東口、お寺が集まる新寺地区。
 この閑静な住宅街に松音寺は曹洞宗の門を開いています。
 昌伝庵、泰心院、輪王寺と併せて、仙台城下の曹洞宗四大寺とされています。

 仙台に本拠地を置くプロ野球チームのスタジアムは、歩いてすぐ。
 歓声は境内にまで届きます。
 文字通り、静寂を破るワケです。

 静けさって、音あってこそのもの。
 松音寺はそんな当たり前な事を気づかせてくれます。

 ちなみにココはお花見スポット。
 四月中旬が見ごろです。



宮城県仙台市若林区新寺4-6-28
JR仙石線榴ヶ岡駅から 徒歩15分


門をくぐるとこんな感じです。
[PR]
# by hk_temple1978 | 2007-06-02 18:18 | 宮城

仙台東照宮・新緑


e0121753_19244851.jpg


桜、大好きです。
でも門から覗くこの新緑の涼やかさ。
こちらも、なかなかの趣きかと。


杜の都、一番いい季節がやってきました。




【仙台東照宮 (とうしょうぐう)】

 伊達家は家康を祀る東照宮の建立地を、
 家康ゆかりであるとして、この地に選出しました。
 その昔、家康は大崎一揆視察の帰り、こちらで休息したそうです。

 徳川への忠誠を示すため、二代藩主の忠宗公が建てています。
 建立の伺いを徳川家へ申し出た時、既に先代政宗公は没していました。
 もし政宗が健在だったなら、息子の忠宗へどんなアドバイスをしたのでしょうね。



宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
JR仙山線東照宮駅からすぐ

[PR]
# by hk_temple1978 | 2007-05-27 20:18 | 宮城

都道府県 別 INDEX

 このブログに掲載されている寺社一覧です。 
 地名 または 寺社名 をクリックすると参照できます。

秋田(9)
 天徳寺(曹洞宗) ・・・ 佐竹氏の菩提寺。萱葺屋根が美しい。
 補陀寺(曹洞宗) ・・・ 安東氏の菩提寺。杉並木が美しい。
 唐松神社 ・・・ 秋田の山間部。杉に囲まれた神社。
 永泉寺(曹洞宗) ・・・ ようせんじと読みます。金剛力士の眼力に触れよう。
 正乗寺(曹洞宗) ・・・ 本堂から見える山水の庭に心を奪われます。
 雲巌寺(曹洞宗) ・・・ 山間の集落の中心地。守られてきた歴史。
 見性寺(日蓮宗) ・・・ 土崎の空襲を見届けたお寺。
 本覚寺(日蓮宗) ・・・ 赤い楼門に雪景色。
 真山神社 ・・・ なまはげと共に、男鹿を守り続ける神社。

岩手(4)
 黒石寺(天台宗) ・・・ 木々に囲まれ、狛犬に守られているお寺。
 中尊寺(天台宗) ・・・ 奥州藤原氏の夢の跡。俳聖・芭蕉がその栄華を詠んだ。
 盛岡天満宮 ・・・ 石川啄木の散策ポイント。愛嬌満点の狛犬が2匹。
 正法寺(曹洞宗) ・・・ 曹洞宗大本山。規格外の茅葺き屋根が山奥に佇む。

山形(4)
 山寺(天台宗) ・・・ 山岳信仰の粋。神々しい景観。
 慈恩寺(慈恩宗) ・・・ 平安からの歴史を持つ東北屈指の古刹。山門が美しい。
 羽黒山五重塔 ・・・ 修験の里を見守り続ける気高い古塔。
 総光寺(曹洞宗) ・・・ 庭園の緑が心を奪う。静かに、優しく。

宮城(11)
 瑞巌寺(臨済宗) ・・・ 伊達政宗の菩提寺。伊達な文化を感じにゆこう。
 仙台東照宮・新緑 ・・・ 伊達氏の家康への忠誠の証。
 仙台東照宮・春 ・・・ 桜の時期に行って見ました。背の高い桜が印象的。
 松音寺・新緑(曹洞宗) ・・・ ひんやりとした石畳。新緑とのコントラストを味わえる。
 松音寺・春(曹洞宗) ・・・ 桜の時期に行きました。石畳が桜色に。
 資福寺(臨済宗) ・・・ 北山五山のひとつ。仙台のアジサイ寺。
 円通院(臨済宗) ・・・ 伊達政宗の孫の菩提寺。ゆっくり歩きたくなるお寺。
 陽徳院(臨済宗) ・・・ 伊達政宗の正室の菩提寺。苔むす落ち着いた山門。
 東昌寺(臨済宗) ・・・ 北山五山のひとつ。アカマツが静かに佇む。
 高蔵寺(真言宗) ・・・ 宮城最古の木造建築。古めかしさに、力強さ。
 横山不動尊(曹洞宗) ・・・ 陸前の人々を護り続けるお不動様。身の丈5メートル。

東京(5)
 柴又帝釈天(日蓮宗) ・・・ フーテンの寅さんでおなじみの下町情緒溢れるお寺。
 池上本門寺(日蓮宗) ・・・ 日蓮が臨終を迎えた大本山。今は近隣住民の憩いの場。
 増上寺(浄土宗) ・・・ 徳川氏の菩提寺。東京タワーとの対比が見事な大本山。
 築地本願寺(浄土真宗) ・・・ 日本一、オリエンタルなお寺。百聞は一見にしかず。
 瑞聖寺(黄檗宗) ・・・ 幾何学模様の向こうに、何かを見つけて欲しい。

神奈川(11)
 高徳院(浄土宗) ・・・ 日本三大大仏のひとつ、鎌倉の大仏さま。江ノ電で行こう。
 光明寺(浄土宗) ・・・ 浄土宗大本山。バスで鎌倉の海岸沿いへ行ってみよう。
 建長寺(臨済宗) ・・・ 鎌倉五山第一位。鎌倉時代を象徴する荘厳なお寺。
 円覚寺(臨済宗) ・・・ 鎌倉五山第二位。人々は何かを求めて座りに来る。
 寿福寺(臨済宗) ・・・ 鎌倉五山第三位。歴史を感じさせない親しみやすさ。
 浄智寺(臨済宗) ・・・ 鎌倉五山第四位。瑞々しい参道。
 浄妙寺(臨済宗) ・・・ 鎌倉五山第五位。枯山水を眺めながら、お抹茶を。
 明月院(臨済宗) ・・・ 円形の空間に見えるものは、いろいろ。
 東慶寺(臨済宗) ・・・ 近代の詩人が父を想った詩を残した。
 總持寺(曹洞宗) ・・・ 曹洞宗大本山。横浜とは思えない閑静さ。
 川崎大師(真言宗) ・・・ 真言宗大本山。多くの参拝客が訪れる賑やかなお寺。

富山(2)
 聞名寺(浄土真宗) ・・・ 日本三大盆踊り、おわら風の盆の舞台。北陸の風の通り道。
 本法寺(法華宗) ・・・ 山間部に建つお寺。遮るものの無い空と、広い参道。

石川(2)
 天徳院(曹洞宗) ・・・ 加賀藩主が正室のために建てた菩提寺。突貫工事で今に残る。
 大乗寺(曹洞宗) ・・・ 修行の厳しさを称えられたお寺。寒さも修行の一部。

福井(1)
 永平寺(曹洞宗) ・・・ 曹洞宗大本山。修行僧 「雲水」 の生活がソコに。

岐阜(1)
 永保寺(臨済宗) ・・・ 寺院と橋と池が、見事な均衡を形成しているお寺。

京都(16)
 高桐院(臨済宗) ・・・ 京都は洛北。細川氏の菩提寺。茶の道へ続く石畳。
 大徳寺(臨済宗) ・・・ 京都は洛北。一休さんが復興。歴史上の要人に繋がりが深い。
 金閣寺(臨済宗) ・・・ 京都は洛西。伝統的で国際的。世界のゴールド寺。
 桂春院(臨済宗) ・・・ 京都は洛西。侘びの庭で抹茶をいっぷく。
 宝泉院(天台宗) ・・・ 京都は大原。額縁に飾られた庭園。
 詩仙堂(曹洞宗) ・・・ 京都は洛北。武士を捨てた文人が庵を結んで詩を詠んだ。
 青蓮院門跡(天台宗) ・・・ 京都は東山。日本三大不動の青不動が参拝者を護る。
 南禅寺(臨済宗) ・・・ 京都は東山。京都五山之上。絶景かな。京都一の三門だと思う。
 天龍寺(臨済宗) ・・・ 京都は洛西。京都五山第一位。借景の妙。日本人の粋。
 相国寺(臨済宗) ・・・ 京都は洛中。京都五山第二位。広大な境内をのんびり歩こう。
 建仁寺(臨済宗) ・・・ 京都は東山。京都五山第三位。苔の庭をゆっくり回りましょう。
 東福寺(臨済宗) ・・・ 京都は東山。京都五山第四位。悟りの橋から望む眺望は圧巻。
 万寿寺(臨済宗) ・・・ 京都は東山。京都五山第五位。鐘楼の向こう側へ行ってみたい。
 芬陀院(臨済宗) ・・・ 京都は東山。東福寺の塔頭。鶴亀の庭で時間を忘れよう。
 法然院(浄土宗) ・・・ 京都は東山。水を表す白い砂。心身を清める参道。
 八坂の塔(臨済宗) ・・・ 京都は東山。京都のへそ。シンボル。と勝手に思ってます。

奈良(4)
 東大寺(華厳宗) ・・・ 大仏様はもちろん、二月堂の風情も味わいたい。
 長谷寺(真言宗) ・・・ 奈良の山あい。登って登って本堂へ。
 興福寺(法相宗) ・・・ 五重塔が見事。東寺のルーツかも?
 室生寺(真言宗) ・・・ 女性を受け入れた寺院。女人高野と呼ばれた。

和歌山(2)
 青岸渡寺(天台宗) ・・・ 名瀑を背にした三重塔、ここだけでしか見れません。
 粉河寺(粉河観音宗) ・・・ 赤門、黒門、石の枯山水に二重屋根の本堂。

島根(1)
 康國寺(臨済宗) ・・・ 無限の奥行き、錦鏡池を越えて旅伏山まで。

長崎(2)
 聖福寺(黄檗宗) ・・・ 夏の始まり、終わりを見つめてみるのはいかがでしょうか。
 崇福寺(黄檗宗) ・・・ 赤い寺。境内にいると気持ちが高ぶる。

沖縄(1)
 桃林寺(臨済宗) ・・・ 日本最南端の禅寺。石垣島の空に琉球瓦が良く映える。
[PR]
# by hk_temple1978 | 2001-01-01 00:00 | 都道府県 別 INDEX