日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

康國寺

e0121753_20313544.jpg


雨音に想ったことは。


【大雲山 康國寺 (こうこくじ)】

 康國寺は1369年に創建された臨済宗のお寺です。
 
 その後、松江藩七代藩主の松平治郷(号は不昧)の肝いりで庭園が築かれました。
 不昧さんは茶人として江戸期に名を馳せた反面、
 藩の蓄財を茶器に散財してしまうなど、典型的な殿様でもあったようです。
 天下泰平期の風流人ですね。

 康國寺の庭園は、米国庭園専門誌で8位にランクインされたこともあるそうです。 


 2011年の初秋に参拝した際は、雨でした。
 枯山水の石に滴る雨音を聞きながら、抹茶と和菓子を頂きました。
 
 旅伏山を借景とした庭園には、無限の奥行きを感じました。 
 庭園と旅伏山との間には、錦鏡池が広がります。
 無限の空間と、現世の間に池があります。

 池の向こうに行ってみたい。
 でも、行けない。
 眺めるばかりでしたが、心だけは池を飛び越えた気分になれました。



島根県出雲市国富町1301
一畑電鉄 旅伏駅から徒歩20分


庭園はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2012-04-03 21:17 | 島根

桂春院 sanpo

e0121753_23443160.jpg


庭に巡らせた思索は、抹茶の苦味で自分に回帰します。


【桂春院 (けいしゅんいん)】

 桂春院は 1598 年に創建された妙心寺の塔頭です。
 織田信忠(信長の息子)の次男、津田秀則が建立しました。
 妙心寺の境内に配置されています。

 妙心寺には 46 に及ぶ塔頭があり、
 桂春院はその中でも常時拝観が可能な数少ない寺院です。
 静かな雰囲気の中で抹茶も頂けます。


 また、桂春院は4つの庭を保有しており、ひとつひとつに名前がついてます。
 
  ・清浄の庭
  ・侘(わび)の庭
  ・思惟(しい)の庭
  ・真如(しんにょ)の庭

 4つの庭をゆっくり眺めて、
 自分の心に何が生まれるかを確かめてみては如何でしょう。


 物事に宿る意味を、ゆっくり考えられる時間ってなんて贅沢なんだろう。
 そんな気持ちになれる寺院でした。
 


京都府京都市右京区花園寺ノ中町11
JR嵯峨野線 花園駅から徒歩 10 分


桂春院を拝観してみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-10-22 21:33 | 京都

八坂の塔

e0121753_21423653.jpg


この都市のランドマークは、五重塔です。



【霊応山 法観寺 (ほうかんじ 通称:やさかのとう)】

 法観寺、と聞けば「?」と思う方も多いかもしれません。
 八坂の塔と言えば、誰にも通用する言葉に変わります。
 この塔は法観寺所有の五重塔を指しています。

 京都駅近くの東寺、奈良の興福寺に次ぐ高さを持つ塔です。
 歴史は古く 592 年に聖徳太子が創建したと伝えられています。
 拝観時には五重塔に登ることができます。(有料)

 私は行った事が無いのですが茶室もあるそうです。
 次回訪れた際は是非一服したいですね。


 ちなみに私が京都を一人旅した際は、
 八坂の塔から徒歩 1 分の「民宿ちとせ」 に泊まりました。
 素泊まり 5,000 円、朝食付きで 6,000 円。
 朝食はボリュームあって美味しいです。
 オススメですよー。


京都府京都市東山区清水八坂上町388
京都市バス 清水道下車 徒歩5分


定番の散策はコチラ
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-06-21 22:15 | 京都

宝泉院

e0121753_2333468.jpg


額に飾られた庭です。
アートな気分になっちゃいます。



【宝泉院 (ほうせんいん)】

 天台宗のお寺です。
 京都の大原にあります。
 隣接する勝林寺の僧坊として建てられました。
 平安末期からの歴史をもっています。
 (僧坊:僧の住む建物)

 院の奥へ進むと、盤桓園(ばんかんえん)という庭を鑑賞できる部屋に辿り着きます。
 盤桓とは 『立ち去り難い』 という意味だそうです。
 この部屋でお抹茶を頂きながら庭を眺めます。
 柱と柱の間に庭が見えるさまが、額縁に入った絵の様です。
 それでつけられた別名が 『額縁の庭園』 。
 ストレートなネーミングですねー。

 私が訪ねた時は、
 休日だったこともあって参拝者で大賑わいでした。
 でも、庭を眺めてお抹茶をすすると心が静かに。
 不思議なものです。



京都府京都市左京区大原勝林院町187
JR京都駅から京都バス大原行きで60分 大原バス停下車 その後徒歩10分


朝早くゆかないと・・・
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-03-25 23:08 | 京都

浄妙寺

e0121753_131256.jpg


庭に吸い込まれました。
抹茶の渋みで現世に戻れます。



【稲荷山 浄妙寺 (じょうみょうじ)】

 鎌倉五山 第五位の臨済宗のお寺です。

 1188 年に開山されました。
 最盛期には 23 もの塔頭を持つ大寺院だったそうです。
 現在は総門、本堂、客堂、庫裏を残すばかり。

 鎌倉駅から歩くには少し遠い場所にあるため、観光客もさほど多くありません。

 このお寺、猫が至るところをウロウロしています。
 受付で入場料を払おうとしたら、その受付の棚で猫が寝てました。
 (コイツが受付か・・・?)

 奥へゆくと、喜泉庵という茶室があります。
 枯山水の庭園を眺めながら抹茶が頂けます。

 時間が止まったような空間。
 大好きなお寺のひとつです。

 
  ・鎌倉五山 [かまくらござん]
    鎌倉にある臨済宗の五大寺の称。
    1386年、建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺の序列が定められた。
    北条氏にて選定。


神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31
鎌倉駅から京急バスで バス停 「浄妙寺」 で下車


境内をあと2枚。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-01-20 01:39 | 神奈川

高桐院

e0121753_1545620.jpg


なんでこう、立ち止まりたくなるんだろう。
通り過ぎてしまうのが、惜しい。



【高桐院 (こうとういん)】  

 明けましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願いします。

 さて、高桐院のご紹介です。 
 臨済宗大本山、大徳寺(ここから歩いて5分のお寺)の塔頭のひとつです。
  (塔頭:主となるお寺の敷地内に建てられた小院)
 1602 年に千利休の高弟、細川忠興によって建立されたそうです。
 細川家の菩提寺となっています。

 この方は、後世 『利休七哲』 のひとりとして称えられたそうです。
 茶道に秀でた武将。 戦国時代の文武両道ってトコロでしょうか。

 この寺院の庭園は必見。
 春夏秋冬でその趣きはガラリと変わります。
  (私が赴いたのは冬だけですが。)
 敷き詰められた苔が何とも言えずいい塩梅。
 仙台の円通院に通じる風情です。

 しかしながら、私は写真にある石畳が好きです。
 歩を進めるのが惜しいくらいの 『和』 を感じる事ができます。
 次は紅葉の時期に行きたいなぁー。

 あ、お抹茶も頂けますよ~。
 

京都市北区紫野大徳寺町73-1
JR京都駅より京都市バス 大徳寺前 下車 徒歩約10分


高桐院 Gallery はこちらから。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-01-04 21:12 | 京都