日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

タグ:曹洞宗 ( 15 ) タグの人気記事

正乗寺

e0121753_14207.jpg


緑が床に広がりました。



【金峰山 正乗寺 (しょうじょうじ)】

 平安時代の 866 年から歴史が始まりました。
 その後 1425 年に由利十二頭の子吉氏の菩提寺となるも衰退。
 1625 年、六郷氏が再び開山し現在に至ります。

 写真の本堂は 1800 年に再建造されたものです。
 秋田の田園地帯に、意外な歴史的建築があってびっくりしました。
 堂内から見える山水の庭園に心静まります。

 本堂の廊下天井には昇降龍図が描かれています。
 本荘藩お抱えの絵師、松田松洞による 1851 年の作だそうです。
 
 この下で手を叩くと、天井と床が共鳴するため、龍が鳴く様な音が響くそうです。
 叩いてみたら 『ビィーン』 と響きました。
 これが龍の声というワケです。

 お堂に入らせてもらった時、床に映る緑が私の心を静めました。
 この小さな発見は、ずっと心に残るだろうなぁと思いました。


秋田県由利本荘市藤崎字藤代131
由利高原鉄道 薬師堂駅から 徒歩10分


龍や山門はこちらからどうぞ。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-07-07 01:37 | 秋田

永平寺

e0121753_1935149.jpg

雪深い山の中、身震いしました。
寒さと、緊張感に。



【吉祥山 永平寺 (えいへいじ)】

 曹洞宗大本山のお寺です。
 1244 年、曹洞宗開祖である道元が建立しています。

 時代は鎌倉時代。
 道元は修行による人材育成を第一としました。
 日常生活全てが修行です。
 作法ひとつひとつの無駄を削ぎ、心をこめて大切に行う。
 自身を取り巻くものへのありがたさを体感することが修行の柱です。

 私が訪れた時は冬でした。
 緊張感をもって生活している修行僧が印象に残りました。
 冷たい空気がその緊張感を際立たせていました。

 曹洞宗の修行僧は 「雲水」 と呼ばれます。
 雲のように、水のように。
 雲水は自然と一体となって励んでいました。

 今回の写真は rieism さんから頂きました。
 ありがとうございます。



福井県吉田郡永平寺町志比5-15
JR福井駅から京福バス永平寺行きで 30分

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-03-15 21:32 | 福井

補陀寺

e0121753_2212452.jpg


杉並木の坂道を歩いて、
やわらかい山門へ。

夏の終わりの木漏れ日。
秋田の山あい、イイ感じの空気が流れてます。





【亀像山 補陀寺 (ほだじ)】

 秋田県で最古の曹洞宗禅寺と言われています。
 大本山総持寺 "二十五哲" のひとり月泉良印和尚が、
 1349 年に安東氏の菩提寺として、県北は大館に建てたのが前進だそうです。
 現在は秋田市の田園地帯に静かに佇んでいます。

 観光地という訳でもなく、 『唯、其処に在った』 といった感じです。

 ちなみにこの山門、階段登って入れます。
 中には十六羅漢がいらっしゃいます。


秋田県秋田市山内字田中26
JR秋田駅から車で30分


山門の中に入ると・・・
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-09-02 22:14 | 秋田

天徳寺

e0121753_22382537.jpg


青空と萱葺き。
都会じゃなかなか見られません。

柔らかいそのさまは
見る人の心をも和らげます。




【萬固山 天徳寺 (てんとくじ)】

 曹洞宗のお寺です。
 久保田(秋田)藩主佐竹氏の菩提寺でもあります。
 江戸時代の佐竹氏国替えに伴い、常陸(茨城)から移されました。

 本堂は 1678 年に建立されています。
 萱葺き屋根で、堂内は夏でもひんやり涼しいです。
 また多くの寺宝が所蔵されており、毎年8月16、17日に無料公開されています。

 参拝した日は、おじいさんが山門の前を掃除中。
 「こんにちわー」と挨拶すると、
 「本堂にいげばパンフレットあるがら。パンフレット!」と教えてくれました。
 竹箒で一所懸命に掃除する姿が印象的でした。



秋田県秋田市泉字三嶽根 10-1
JR秋田駅からバス神田線または添川線で15分 天徳寺バス停下車


こちらが山門になります。
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-08-11 22:47 | 秋田

松音寺・新緑


e0121753_17552084.jpg


涼しい風、苔の緑と石畳。
ひんやりした静けさ。
ただ、それだけです。

でも、なかなか見つけられないんですよ。
それだけ、なのに。




【五峰山 松音寺 (しょうおんじ)】

 仙台駅東口、お寺が集まる新寺地区。
 この閑静な住宅街に松音寺は曹洞宗の門を開いています。
 昌伝庵、泰心院、輪王寺と併せて、仙台城下の曹洞宗四大寺とされています。

 仙台に本拠地を置くプロ野球チームのスタジアムは、歩いてすぐ。
 歓声は境内にまで届きます。
 文字通り、静寂を破るワケです。

 静けさって、音あってこそのもの。
 松音寺はそんな当たり前な事を気づかせてくれます。

 ちなみにココはお花見スポット。
 四月中旬が見ごろです。



宮城県仙台市若林区新寺4-6-28
JR仙石線榴ヶ岡駅から 徒歩15分


門をくぐるとこんな感じです。
[PR]
by hk_temple1978 | 2007-06-02 18:18 | 宮城