日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

タグ:浄土宗 ( 5 ) タグの人気記事

本覚寺

e0121753_22594338.jpg

わずかな日差しが照らす石灯篭は、
火が灯ったかのように見えました。


【東光山 本覚寺 (ほんがんじ)】

 本覚寺は浄土宗のお寺。
 1603年、佐竹義重が旧千畑町より旧六郷町へ移したお寺です。
 現在、千畑町と六郷町は合併により美郷町となっています。

 佐竹氏は六郷地域の一揆を防ぐことを目的にして、
 この地に26の寺社を配置したそうです。
 戦いの拠点として寺社が重用された時代を偲ばせます。



 私が参拝したのは雪深い2月頃。
 石灯籠は雪で覆われていました。

 西国の寺院では、雪は化粧となり建築を映えさせます。
 東北では、雪は壁を作り建築に厚みを持たせます。

 冬、春の景観を想い描きながら参拝する。
 これって東北の寺院の楽しみ方のひとつだと思います。
 


秋田県仙北郡美郷町六郷字東高方町26

本覚寺を拝観したい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2011-02-10 23:57 | 秋田

法然院

e0121753_22334624.jpg


砂に水を映す感性って、粋だと思います。



【善気山 法然院萬無教寺 (通称:ほうねんいん)】

 哲学の道を東へゆくと、
 善気山のふもとに法然院が佇むのが見えます。
 鎌倉時代初期に法然上人が庵をここに結んだのが始まりとされています。

 苔生す山門をくぐると、
 白砂を長方形に盛り上げた"白砂壇"が参道の左右に配置されています。
 白砂壇のデザインにおけるコンセプトは「水」。
 この間を通ると水によって心身を浄めた事になるんだとか。

 ちなみに白砂壇のデザインは 4~5 日毎に変わります。
 作成者に模様描きが任されているそうです。
 
 早春には椿が山門付近に落ち、
 赤と石畳の見事な色合いが人々の目を楽しませます。

 また近くには侘びが良く効いた 「よーじやカフェ」 があります。
 是非立ち寄ってみてください。


京都府京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
京都市バス 南田町下車 徒歩5分


よーじやカフェはこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-05-22 00:39 | 京都

光明寺

e0121753_12888.jpg


生きとし生けるもの、みんな集まってきそうな空間です。


【天照山 光明寺 (こうみょうじ)】

 鎌倉駅からバスに揺られて20分。
 材木座という海岸近くの住宅地に光明寺は建っています。 

 浄土宗関東大本山のお寺です。
 1240年、鎌倉幕府4代執権の北条経時によって創建されました。
 徳川家康の時代には、浄土宗の関東十八檀林の一位として栄えたそうです。
 関東十八檀林とは、江戸時代の浄土宗僧侶の学問所です。

 写真にある山門は江戸時代後期のもの。
 鎌倉の山門では一番大きいものだそうです。
 本堂近辺には枯山水の庭園や、小堀遠州作と伝わる蓮池の庭もあります。

 山門の前では猫が散歩してました。
 本堂近辺でも、猫がウロウロしてます。 
 庭や猫を見ながら、のんびりした時間を過ごせました。
 
 光明寺のバス停で帰りのバスを待っている時、
 海へ向かうサーファーが何人か通り過ぎてゆきました。
 中には小さい子供もいました。
 山あいで生活していた私にとっては新鮮な光景でしたね。


  ・関東十八檀林 [かんとうじゅうはちだんりん]
    関東における浄土宗の学問所18寺を指す。
    江戸時代には浄土宗の僧侶養成は、この18寺に限られていた。
    浄土宗に帰依していた徳川家康が定めた。    



神奈川県鎌倉市材木座6丁目17−19
JR横須賀線 鎌倉駅 バス7番のりば小坪経由逗子駅ゆきで20分


山門をもう2枚どうぞ。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-12-12 02:09 | 神奈川

増上寺

e0121753_21242395.jpg

車の音がウルサイなぁ。
人通り多いなぁ。

今、東京にいるんだなぁ。



【三縁山 増上寺 (ぞうじょうじ)】

 徳川家康が菩提寺と定めた、浄土宗大本山のお寺です。

 1393 年に創建され、今の芝の地には 1598 年に移築されています。
 家康の江戸幕府開府に伴い、菩提寺として大造営がなされました。
 しかし幕府が崩壊すると、財源を失います。
 境内の一部が現在の芝公園になるなど衰退してゆきました。
 そして東京大空襲で伽藍の大部分が焼失。

 ワタシは木造建築を焼いてしまう戦争が大嫌いです。

 今は再建が進み、かつての威厳が蘇りました。
 日が暮れると、背後の東京タワーがライトアップ。
 東京の今と昔を目の当たりにできます。

 東京駅からも近いです。
 出張の際はよくフラッと立ち寄って、念仏聞いて呆けます。



東京都港区芝公園 4-7-35
都営地下鉄 御成門駅または芝公園駅から徒歩 3分
JR京浜東北線 浜松町駅から徒歩 10分

[PR]
by hk_temple1978 | 2007-12-20 21:52 | 東京

高徳院

e0121753_12461399.jpg


風雪に耐え、何を想うのか。

お顔を見つめると、
何故か口元がほころびます。



【大異山 高徳院 清浄泉寺 (こうとくいん しょうじょうせんじ)】

 鎌倉の象徴 『鎌倉の大仏さま』 です。
 日本三大大仏のひとつ。(あとふたつは奈良、高岡)

 浄土宗のお寺。
 大仏様の正式名は 『銅造阿弥陀如来坐像』 。
 日本で最も知られている国宝のひとつです。
 
 建立に関する歴史は不明な点が多く、
 一番古い説は 1238 年に遡るそうです。
 いつからココに座ってたんでしょう。
 
 以前は大仏殿があり、その中に納められていました。
 しかし室町時代の津波で建物が流されてしまい、
 以来、この状態になっているそうです。

 拝観者は JR 鎌倉駅から、
 緑の電車 『江ノ電』 に乗って長谷駅に降り立ちます。
 駅から歩いて大仏様に辿り着き、
 そのお顔を見たとたん、不思議とみんな笑顔になります。
 面白いですね。


神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
江ノ島電鉄長谷駅から徒歩 10分

[PR]
by hk_temple1978 | 2007-12-09 13:06 | 神奈川