日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

タグ:真言宗 ( 3 ) タグの人気記事

川崎大師

e0121753_20159.jpg


ワイワイ、ガヤガヤ。
たくさんの参拝者に囲まれて、弘法さんも嬉しそうです。



【金剛山 金乗院 平間寺 (へいけんじ 通称:かわさきだいし)】

 川崎大師の名前で広く知れ渡っているお寺です。
 読み方は、

  かわさきたいし ×
  かわさきだいし ○

 です。
 私は当初 「たいし」 だと思っていました。

 1128 年からの歴史を持ち、弘法大師を本尊としています。
 徳川11代将軍の家斉が厄除として参拝したことから厄除けのお寺として広まりました。
 近年は初詣で 200 万人以上が集まるそうです。

 私が参拝した際は風鈴市の真っ最中。(7月中旬)
 この風鈴市、全国各地の風鈴を境内で売り出しているそうです。
 
 イベントの影響もあってか、境内は人、人、人。
 関東のお寺っぽいなーと思いました。
 門前には仲見世があり参拝客を飽きさせません。

 帰りはあまりにも暑かったので、川崎大師駅前のラーメン屋で瓶ビール&ラーメン。
 昼から飲んでも弘法さんはきっと許してくれるでしょう。
 これもひとつの業として ・・・
 

神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
京浜急行 川崎大師駅下車 徒歩 8 分


境内を散策したい方はコチラ
[PR]
by hk_temple1978 | 2009-06-28 22:46 | 神奈川

長谷寺

e0121753_7594418.jpg


ほら貝の音が響くとお昼です。
流れる時間の傍らに、長谷寺がありました。



【豊山 長谷寺 (はせでら)】

 全国に 300 ある長谷寺の総本山です。
 西国三十三所巡礼の八番札所として、巡礼者が絶えません。
 686 年からの歴史を持ち、初瀬山(はせやま)の中腹に伽藍が広がります。
 
 季節毎に彩りを変える「花の寺」としても有名です。
 代表的な花としては次の3種類が有名です。

  3月下旬~4月上旬  桜
  4月下旬~5月上旬  牡丹
  6月中旬~7月上旬  紫陽花

 他にも白木蓮や藤など、参拝者の目を楽しませてくれます。
 
 正午と午後八時になると、学僧によってほら貝が吹かれます。
 この寺の学僧は将来の真言宗を担う若きエリート。
 大正大学仏教学科を卒業した方などが修行しています。
 私が参じたのはちょうどお昼でしたので、ほら貝の音が初瀬山に響いていました。

 写真は本堂から見える五重塔。
 本堂からは広大な伽藍が一望できます。
 さながら要塞のようでした。
 山岳信仰の色も含んでいるのでしょうか。

 山形の山寺とは少し違って、柔らかい印象が残りました。
 厳しい雪が降らないからかも知れませんね。


奈良県桜井市初瀬731-1
近鉄 長谷寺駅から 徒歩 20分


参道を歩いてみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-07-26 01:17 | 奈良

高蔵寺

e0121753_1738033.jpg


平安の空気に包まれて、初夏のひとときを。
時間を眺めるのもいいもんです。



【勝楽山 高蔵寺 (こうぞうじ)】

 宮城県最古の木造建築です。
 1177 年に、藤原三代秀衡の妻により建立されました。
 写真の阿弥陀堂は、岩手の中尊寺や福島の白水阿弥陀堂と併せて、
 東北三大阿弥陀堂のひとつとされているそうです。

 ちなみに日本でも阿弥陀堂は 7 箇所しか残っていないそうです。
 へぇーって感じです。
(20090520 加筆:平安時代に建築された阿弥陀堂が7箇所残存)
 間近に見ると古めかしさに威厳が溢れてます。

 樹齢 300 年を超える杉並木を抜けると阿弥陀堂が見えてきます。
 初夏に歩いた参道は、緑の隙間を抜けてくる風がなんとも心地よかったです。
 お堂の中には阿弥陀如来坐像が。

 格子戸の向こうに見えた姿は力強かったです。
 安心感に包まれ、お堂の端で小一時間。
 私も一緒に座しました。


宮城県角田市高倉字寺前49
阿武隈急行 角田駅から 車で15分


参道を歩いてみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-06-26 17:55 | 宮城