日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

真山神社

e0121753_1845430.jpg


男鹿において。
雪在りて、冬。
雪解けて、春。



【真山神社 (しんざんじんじゃ)】

 古墳時代よりも前、天皇の遣いが男鹿を訪れて神を祀ったのが起源だそうです。
 
 平安時代以降、仏教が男鹿地区に伝播され、修験の信仰が興りました。
 その後、天台僧徒によって比叡山延暦寺守護神の赤山明神と習合されています。
 神社からお寺になったという感じでしょうか。
 その後は真言宗に転じ、明治維新後は神仏分離令で神社に戻っています。 

 二月に行われる「なまはげ柴灯(せど)祭り」が有名です。
 松明(たいまつ)をかざした15匹のなまはげが勇壮に下山します。 

 
 私が真山神社へ参拝した時期は、年末。
 根深い雪が積もり始めた頃でした。
 この時期から男鹿は、春を静かに待ち始めます。
 深い雪は、春を待つ気持ちに、漬物石のように重く降り積もってゆきます。

 春が重い漬物石を解かした時、東北人の心の緊張も解かしてくれるのです。



秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
JR男鹿線羽立駅から車で20分


参拝される方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2013-05-19 16:21 | 秋田

羽黒山五重塔 sanpo

e0121753_1147644.jpg


五重塔が、はりつめた空気を集めているようでした。


【羽黒山五重塔 (はぐろさんごじゅうのとう)】

 1400 年前に開山されたとされる、出羽三山神社の境内にある塔です。
 出羽三山は、山形県内にある月山・羽黒山・湯殿山の総称を指します。

 すると境内の範囲は出羽三山全域?
 山岳信仰であることを考慮すると、そうなのかも。
 広大過ぎる境内 ・・・

 出羽三山それぞれの山頂に神社があり、
 羽黒山に三山の神を併せて祀る三神合祭殿があります。

 五重塔は羽黒山に建っています。
 東北最古、国宝の塔です。
 平将門の創建とも言われていますが、定かではありません。
 気高いひんやりとした空気の山奥に、誰が何の目的で作ったんでしょうね。

 山頂まで石段を登るワケですが、その石段数が 2446 段!
 五重塔までは神社の入り口から 10 分程度。
 山頂までは 50 分でした。(茶店での休憩含む)
 はっきり言ってしんどいです。
 こりゃ大変な修行だわ。

 また羽黒山のふもとにはある宿坊がずらりと並んでいます。
 参拝者や修験者が泊まるのだそうです。
 趣のある建屋は、まさしく神様のお膝元って感じ。
 昔と変わらぬスタイルで、山伏の修行を支えているんですね。


山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7
JR羽越本線 鶴岡駅から
庄内交通バスで 40 分、羽黒センター下車


では2446段をレッツゴー!
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-11-03 12:58 | 山形

盛岡天満宮

e0121753_23583112.jpg


啄木が青春時代を過ごした地です。
ここで読書すれば、いい歌が浮かぶかも。



【盛岡天満宮 (もりおかてんまんぐう)】

 岩手県盛岡市にある神社です。
 学問の神、菅原道真を祀っています。
 
 岩手県出身の歌聖、
 石川啄木がよく散策に訪れた場所としても知られています。
 啄木は 9 歳からの 8 年間、盛岡で暮らしていました。 

 彼はやんちゃな性格だったようで、
 中学時代はカンニングが見つかって、学校から退学勧告を受けたそうです。
 それを機に、中学を退学して上京したとのこと。
 26 歳で亡くなった哀愁の歌人といったイメージがあるんですが、
 なんだか身近に感じるエピソードですね。
 
 写真の手前は狛犬。
 愛嬌ある顔は啄木にも愛されたようです。
 (狛犬の顔は下段の "狛犬の顔はこちら" をクリックして下さい)

岩手県盛岡市新庄町5-43
岩手県交通バス 盛岡駅前から天満宮前下車 徒歩5分


狛犬の顔はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-05-19 00:28 | 岩手

唐松神社

e0121753_2222115.jpg


杉の木に囲まれて、手を合わせます。
神聖な空気に包まれています。

でも、周りの田んぼを見るとホッとするんです。



【唐松神社 (からまつじんじゃ)】

 秋田県の山間部にある神社です。

 安産と子授けの神様を祀っています。
 写真の本殿は室町時代の創建と言われています。
 参道は樹齢300年以上の杉並木に囲まれており、神聖な雰囲気。
 この杉並木は、戦国武将の佐竹氏が植えたと伝えられています。
 
 100 メートル以上続く参道を進むと、本殿に辿り着きます。
 そして本殿の背後に眼をやると、
 田んぼと小川と、小高い唐松山が見えます。

 ここは私が幼少時代を過ごした土地でもあります。
 私にとってまさしく 『田舎』 です。

 参じてみると、どこかホッとしている自分がいます。


秋田県大仙市協和境字下台84
JR羽後境駅から徒歩 15分


こちらから裏手の里山へ。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-05-04 23:06 | 秋田

仙台東照宮・春

e0121753_2321652.jpg


お花見の後に引いたおみくじは、
ご利益が2割くらい増した気がしました。



【仙台東照宮 (とうしょうぐう)】

 以前紹介した 仙台東照宮 です。
 桜の季節に行ってきました。

 仙台には、西公園や榴ヶ岡公園といった花見ができる公園があります。
 桜の時期は人で溢れています。屋台も沢山出ています。
 花よりビールって感じでしょうか。

 一方、仙台東照宮はゆっくり桜を楽しみたい人におすすめです。
 それほど混雑していません。
 お酒抜きの花見もいいもんだなぁと思いました (笑)


宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
JR仙山線東照宮駅からすぐ

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-04-13 23:48 | 宮城

仙台東照宮・新緑


e0121753_19244851.jpg


桜、大好きです。
でも門から覗くこの新緑の涼やかさ。
こちらも、なかなかの趣きかと。


杜の都、一番いい季節がやってきました。




【仙台東照宮 (とうしょうぐう)】

 伊達家は家康を祀る東照宮の建立地を、
 家康ゆかりであるとして、この地に選出しました。
 その昔、家康は大崎一揆視察の帰り、こちらで休息したそうです。

 徳川への忠誠を示すため、二代藩主の忠宗公が建てています。
 建立の伺いを徳川家へ申し出た時、既に先代政宗公は没していました。
 もし政宗が健在だったなら、息子の忠宗へどんなアドバイスをしたのでしょうね。



宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
JR仙山線東照宮駅からすぐ

[PR]
by hk_temple1978 | 2007-05-27 20:18 | 宮城