日本のお寺や神社をご紹介するブログです


by hk_temple1978

タグ:臨済宗 ( 26 ) タグの人気記事

南禅寺

e0121753_20155679.jpg


「絶景かな。」
大泥棒も参拝客も、口を揃えてそう言います。



【瑞龍山 南禅寺 (なんぜんじ)】

 室町時代に、将軍足利義満から「五山之上(ござんのじょう)」とされた寺院です。
 京都五山という五段位序列のさらに上位に位置します。

 写真にある山門は、京都三大門のひとつ。
  (残り2つは知恩院三門、東本願寺御影堂門)
 その三大門の中で唯一、普段から楼上に登れます。
 門は登ってナンボの私にとってはとても嬉しい。(ただし有料)
 
 三門は、歌舞伎「楼門五三桐」で有名です。
 この門に潜んでいた盗賊、石川五右衛門が
 「絶景かな、絶景かな」と見得を切り観客を沸かせます。

 ちなみに五右衛門が京都三条河原で釜煮の刑に処されたのは、1594年。
 三門が創建されたのは、1628年。
 というわけで、歌舞伎のお話は創作であります。

 門をくぐって奥へゆくと、奥ゆかしい方丈庭園もあります。
 時間忘れて歩ける伽藍です。

 京都五山のさらに上。
 その格付けも納得の境内。
 京都散策には外せない寺院です。

  ・京都五山 [きょうとござん]
    京都にある臨済宗の五大寺の称。
    時代により順位は変動するも1410年、以下に落ち着いている。
    南禅寺が五山の上に位置する『五山之上』。
    その下に天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺の序列が定められた。
    足利氏にて選定。

京都府京都市左京区南禅寺福地町86
京都市営地下鉄 東西線蹴上駅から徒歩10分


三門をいろんな角度から。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-11-09 22:12 | 京都

寿福寺

e0121753_0182458.jpg


思索しながら参道をてくてく。
800 年の時を超えた瞬間です。


【亀谷山 寿福寺 (じゅふくじ)】

 正式名を寿福金剛禅寺(じゅふくこんごうぜんじ)と呼びます。
 鎌倉五山 第三位の臨済宗のお寺です。
 源頼朝が亡くなった翌年の 1200 年に、妻の北条政子によって建立されました。
 開山(初代住職)は栄西。北条政子が招いたそうです。
 
 栄西は初めて日本に臨済宗を教えた禅僧です。
 北条政子の権力の大きさが伺えます。
 また栄西はお茶を飲む習慣を日本に伝えた僧としても有名なんだそうです。
 私、知りませんでした。

 著書に 『喫茶養生記』 という本があるそうです。
 なんとまあ渋いタイトルでしょうか。
 このネーミングセンス、好きだなぁ。

 山門と参道、裏手の墓地が一般公開されています。
 鎌倉五山で唯一無料で入れるお寺です。

 私が参じた時は参拝客もさほど多くなく、のんびりした雰囲気が漂っていました。
 800 年の歴史を持った、親しみやすいお寺です。


  ・鎌倉五山 [かまくらござん]
    鎌倉にある臨済宗の五大寺の称。
    1386年、建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺の序列が定められた。
    北条氏にて選定。


神奈川県鎌倉市扇ヶ谷1-17-7
JR横須賀線 鎌倉駅 徒歩20分


山門を額にもう一枚。
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-09-30 00:45 | 神奈川

東福寺

e0121753_12333180.jpg

悟りへの道中、景色を楽しめます。
修行にも息抜きは必要です。



【慧日山 東福寺 (とうふくじ)】

 鎌倉時代からの歴史を持つ寺院です。
 京都五山の第四位に定められています。

 私が参拝時に強く感じた事は "境内が広い!" でした。
 今まで巡ってきた寺社の中でもダントツです。
 広い敷地には、庭園、三門など見ごたえある景観が溢れています。 

 平面だけでなく、通天橋のように三次元の世界も広がっています。
 通天橋は境内にある渓谷の上に架けられています。
 文字通り、天に通じる橋です。
 悟りへの橋とも呼ばれているそうです。

 なんとまぁ創造性に富んだお寺なんでしょう。
 何度参じても、ワクワクした期待があります。
 
 塔頭も25を数え、それぞれが趣きある風情を見せています。
  (塔頭:主となるお寺の敷地内に建てられた小院)
 秀逸な庭園が多いです。
 縁側に腰掛けて庭園を眺めていると、あっという間に時間は過ぎてゆきます。

 じっくり東福寺を巡るなら、半日では足りません。

  ・京都五山 [きょうとござん]
    京都にある臨済宗の五大寺の称。
    時代により順位は変動するも1410年、以下に落ち着いている。
    南禅寺が五山の上に位置する『五山之上』。
    その下に天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺の序列が定められた。
    足利氏にて選定。

京都市東山区本町15-778
JR 東福寺駅から徒歩10分


参道を歩いてみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-09-21 12:58 | 京都

円覚寺

e0121753_1782431.jpg


門の向こうに凛とした空気。
どうやら、禅という空間があるらしい。



【瑞鹿山 円覚寺 (えんがくじ)】

 鎌倉五山 第二位の臨済宗のお寺です。
 鎌倉幕府 8 代執権北条時宗が 1282 年に創建しました。
 元寇の犠牲者を弔う為に建てられたと言われています。

 境内は広く、庭園や季節の花々が目を楽しませてくれます。
 その昔、夏目漱石や島崎藤村が小説の舞台にしたのも頷けます。
 2人は坐禅の指導も受けたそうです。

 当時教師だった藤村は、教え子との恋に悩んで門を叩いたそうです。
 小説家っぽいですね。
 ナルシストっぽいですね。
 藤村は写真の写りからしてそうなので、間違いないでしょう。

 北条時宗は、元との戦いにおける心の拠り所を禅を求めました。
 島崎藤村は、自己の葛藤に結論をつけるために禅を求めました。

 今の私は禅に何を求めるのでしょうか。
 それを明確に定めようと考えた時点で、禅は始まっているのかも知れませんね。


  ・鎌倉五山 [かまくらござん]
    鎌倉にある臨済宗の五大寺の称。
    1386年、建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺の序列が定められた。
    北条氏にて選定。


神奈川県鎌倉市山ノ内409
JR横須賀線 北鎌倉駅 徒歩3分


山門をくぐってみたい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-08-24 22:49 | 神奈川

金閣寺

e0121753_22343551.jpg


ザ・日本。
ジャパンはこちらです。



【北山 鹿苑寺 (ろくおんじ)】
 
 歴史は 1224 年から。
 藤原(西園寺)公経が建立した「西園寺」と山荘「北山第」がルーツです。

 寺院は西園寺家の衰退と共に隆盛を失いました。
 その後、1397 年に足利 3 代将軍義満がこの地を譲り受け、造営。
 "金閣寺" という呼び名はここらへんから始まったそうです。

 応仁の乱による焼失、昭和の放火事件を乗り越え、現在の輝きに至ります。

 いつでも沢山人がいます。
 外国人も日本人も関係ありません。
 ここは世界の縮図?

 もしかしたら日本一グローバルなスポットなのかも知れません。


京都府京都市北区金閣寺町1
京都駅から市バス101または205系統にて金閣寺道下車 徒歩3分


その他の金ピカはこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-06-16 23:13 | 京都

建仁寺

e0121753_11341329.jpg


苔の緑に禅を感じました。
禅って感じるものなのかなぁ。



【東山 建仁寺 (けんにんじ)】

 建仁寺は建仁2年(1202年)に将軍源頼家が寺域を寄進し、
 栄西禅師を開山として建立されました。
 京都で最初の禅寺とされています。

 室町時代には京都五山の第三位にも制定されています。
 五山制度とは、時の権力者がお寺に格を与えたものです。
 このことから建仁寺は為政者との結びつきが強かったことがうかがえます。

 また、近辺に在る高台寺や八坂の塔は建仁寺の末寺だそうです。 
 当時の隆盛は相当なものだったんでしょうね。

 写真は方丈。
 中心の庭を回遊するように建てられています。
 様々な角度から庭を眺めていたら、流れる時間を忘れてしまいました。

  ・京都五山 [きょうとござん]
    京都にある臨済宗の五大寺の称。
    時代により順位は変動するも1410年、以下に落ち着いている。
    南禅寺が五山の上に位置する『五山之上』。
    その下に天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺の序列が定められた。
    足利氏にて選定。


京都府京都市東山区小松町584
京阪電車 四条駅より 徒歩 7分


建仁寺を散策したい方はこちら
[PR]
by hk_temple1978 | 2008-06-01 11:42 | 京都

明月院

e0121753_225455100.jpg


丸い向こうに見えたのは

庭園だったり、自分だったり、あなたへの想いだったり。



【福源山 明月院 (めいげついん)】

 1160 年からの歴史を持つ、臨済宗建長寺派のお寺です。

 はじめ、「明月庵」 という名前で創建されました。
 その後、北条時頼が同じ地に 「最明寺」 を建立。
 そして時頼の子である北条時宗が、
 最明寺を前進にして 「禅興寺」 というお寺を建てます。

 この明月院は禅興寺の塔頭として残りました。
  (塔頭:主となるお寺の敷地内に建てられた小院)

 あじさいの寺として有名です。
 シーズンには沢山の観光客が訪れます。
 また、1年を通して様々な種類の花が咲くため、
 散策するにはもってこいです。

 写真は本堂。
 畳に座して円形の奥に "何か" を見つけてください。


神奈川県鎌倉市山ノ内189
JR北鎌倉駅から徒歩 10分

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-04-27 22:17 | 神奈川

大徳寺

e0121753_1218242.jpg


世界平和、とまではゆきませんが、
幸せを祈りました。 身の回りの人達の。



【龍寶山 大徳寺 (だいとくじ)】

 臨済宗のお寺です。
 京都は洛北にあります。
 鎌倉時代、1315 年の建立が始まりとされています。

 歴史の要人と深い縁があったお寺です、
 応仁の乱で焼失されたのですが、
 一休宗純(一休さん)が大坂は堺の豪商から支援を受け、再興させました。
 豊臣秀吉が、織田信長の葬儀を行った寺としても知られています。
 千利休、小堀遠州らの著名な茶人とも繋がりありました。
 
 茶人との交流の影響もあってか、
 大徳寺を囲む塔頭には、侘びに富んだ庭園を持つものが多いです。
 高桐院 もそのひとつです。
 (塔頭:たっちゅう。主となるお寺の敷地内に建てられた小院) 


 私は平日午前に参じました。
 人もまばらで静か。
 広い敷地内には24の塔頭が並びます。
 公開して塔頭もあるので、散策がてら楽しめます。


京都府京都市北区紫野大徳寺町53
市バス大徳寺前下車 歩いてすぐ

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-04-05 14:43 | 京都

浄智寺

e0121753_18312035.jpg


瑞々しい参道でした。
心の中がキレイになります。

次来る時、濁ってないようにしないと。



【金峰山 浄智寺 (じょうちじ)】

 鎌倉五山 第四位の臨済宗のお寺です。
 鎌倉幕府 5代執権北条時頼が3男、北条宗政の弔うため、
 1283 年に開山されました。

 まず、緑に囲まれた石段を登ります。
 すると鐘楼門と呼ばれる三門が見えてきます。
 鐘つき堂を兼ねた珍しい門です。
 それほど大きくありません。
 その分、緑の背景がとても良く似合います。
 これって侘びでしょうか。

 門をくぐって境内へ入ると、猫がいました。
 寺には猫が良く似合う。

 その猫の後を追いかけながら、参拝。
 鎌倉の寺は猫が多いなー。

 ここは映画「武士の一分」のロケ地として使われています。
 加世(檀れい)がお参りに来たお寺です。
 この映画での彼女は綺麗だった・・・

 よく掃除がゆき届いていました。
 歩いていて気持ちがいい。
 是非また行きたいです。

 
  ・鎌倉五山 [かまくらござん]
    鎌倉にある臨済宗の五大寺の称。
    1386年、建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺の序列が定められた。
    北条氏にて選定。


神奈川県鎌倉市山ノ内1402
JR横須賀線 北鎌倉駅から徒歩 10分

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-02-16 18:42 | 神奈川

東昌寺

e0121753_22164769.jpg


アカマツは静かに待っていました。
待ち焦がれるからこそ、暖かな春が訪れます。



【無為山 東昌寺 (とうしょうじ)】

 臨済宗のお寺です。
 仙台北山五山のひとつに数えられています。

 1283年、伊達家4代伊達政依によって建立されました。
 伊達家には初代~3代まで、はっきりした菩提寺がありませんでした。
 この東昌寺が最初の菩提寺となったそうです。

 室町時代、東昌寺は 「安国寺」 という名前を拝命しています。
 この名前は全国で数箇所だけ選ばれた国営の寺を指すそうです。
 当時は 300人の修行僧がいたと伝えられています。

 近くの道路は交通量が多く、歩く人たちは急ぎ足。

 アカマツに囲まれた坂を上ると、東昌寺の門が見えてきます。
 ここまで来ると、車の音はもう聞こえてきません。


宮城県仙台市青葉区青葉町8-1
JR仙山線 北山駅から 徒歩約5分

[PR]
by hk_temple1978 | 2008-02-02 23:29 | 宮城